体験キャンペーン実施中期間限定¥2,000
schedule
体験コース
レッスン
代講・休講情報
音を生み音を打ち鳴らす
大鼓監修 大鼓(おおつづみ)奏者 大倉 正之助
室町時代より代々続く能楽囃子大倉流大小鼓宗家の長男として生まれる。
能楽の公演他、世界各国の首脳・VIP来日時等、首相官邸晩餐会での演奏や、政府主催の音楽祭に参加、ローマ法王より招聘されバチカン宮殿内においても日本代表として演奏する。
CM、ドキュメンタリー番組などメディアにも多数出演し、日本の素晴らしい文化を世界に向け、発信し続けている。
スイス・バーゼル音楽大学、ドイツ・フライブルグ音楽大学特別講師。

大鼓は、能楽や歌舞伎などで用いられる日本の伝統打楽器で、
二枚の馬の皮と桜の木で作った胴を麻、絹のひもで組み上げます。
起源は一説に中国西域にあると言われ、
太古の長や祭司が、天下泰平、国土安穏、五穀豊穣、人々の無病息災を祈って
打ち込まれた祈願の道具でした。
大鼓は、左の膝の上にのせて、右手で打ち、
「カーン」と高い音を響かせます。
一方、大鼓より一回り小さい小鼓は、
右肩の上にのせて打ち、「ポン」と柔らかい音色が特徴で、
小鼓と大鼓で「陰と陽」の関係にあります。
大鼓の原初の姿に触れ、皆さんの日常生活の中に取り入れて楽しんでいただく、新しい発想の大鼓クラスです。
初めて大鼓に触れる方にも、大鼓の扱い方や呼吸・発声法を一から身に付け、実際に大鼓を打って頂きます。
日本の伝統や美しい姿勢も自然に身に付けていただけることでしょう。
日本の伝統文化にじっくり触れられる機会がNBHにあります!
和楽器の大鼓は長い歴史を感じさせ、触れてみると日本の文化を知るきっかけに繋がります。
独特の「間」や「気」を感じることができるのが大鼓の面白さです。
素敵な音を奏でてみてはいかがですか?
大蔵正之助 大蔵流
時間 毎月1回 土曜日 不定期開講 ※お問合せください
授 業 料 4,000円(税別) 会 員 1チケット
監修 大倉 正之助 講師 大倉 正之助または代講の先生になります
持ち物 お気軽な格好でいらして下さい
※体験の方もお気軽にお問い合わせください

レッスンスケジュールはこちら

体験レッスンお申し込みの方はこちら

プログラム

バレエ

ジャズダンス

ヨガ

ウォーキング

書道

生花

太鼓

日本舞踊

line

PAGETOP
NATURE BODY HOUSE
NATURE BODY HOUSE
お問い合わせよくある質問資料請求
Copyright©2013 株式会社A&H JAPAN.All right reserved.